シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

英語ができると入試に有利

日本の中高生をシンガポールに留学させたい。そう切実に思うことが今日もありました。
高1の河合塾全統模試の結果が返り、次男は英語の点数が200点満点193点(つまらないミス)、全国平均点は75.6。つまりたった1教科で117.4点上回ったことになります。偏差値87。英語ができることがどれだけ入試を有利にするのか、全国の中高生とその親御さんにわかってもらいたいと思います。

これは自慢ではありません。事実、私はこの結果を見て暗澹とした気持ちと強い使命感を感じたのです。私は日本の学生の学力と日本の将来を案じているのです。試験の内容はシンガポールの小学校4-5年生レベルです。息子は、Young Prodigyに通えば、2週間で必ず成績が上がる、といっています。語学学校からはあまり期待させるようなことは言わないようにといわれていますが、私も息子の意見に同感です。8月の最後の2週間、子どもをシンガポールに送り出せる方は、こちらまで。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)