シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

シンガポールで学生に英語力がつく理由

シンガポールの語学学校(進学塾)を学生の留学先に勧める理由は、次のとおりです。 

ちなみに、こちらは、一般的な語学学校で使われているテキスト


楽しそうですね。会話が多いです。メリットは間違えを恐れずに楽しく話せるようになることです。
デメリットは、書く力はそれほど伸びず、試験対策には不向きであることです。
大教室での授業の場合、居眠りをしていても放っておかれます。

それに対して、シンガポールの語学学校(進学塾)のYPLSので使われている、シンガポール式受験英語のテキストはこんな感じです。

文法 



YPLSでは、学年と参加者のレベルにもよりますが、たいてい、ひとコマ90分授業で、宿題も合わせて 1章(3-6ページ)進みます。


1日12ページ以上×5日間×2週間 = 120ページ 以上 


2週間で、これだけ勉強する。力がつかないわけがありませんよね。

宿題も出ますし、予習も必要です。

このタイプの教科書を使うメリットは、間違いが一目でわかるので正しい英語が身に付くことです。

正しい文法、英作力、語彙力が付きます。

授業中サボっていてもばれます。

入試、英検、TOEFLなどの学生の試験対策に向いています。

ヤングプロディジーでは、1ヶ月で、このような問題集を4冊(文法、語彙、会話、英作文)仕上げます。 

これが、シンガポール受験英語です。 詳しくはこちら

 追記

2013年夏の授業の様子はこちらです。


英検3-4級レベルの生徒が英作文を書けるようになる驚きの授業の様子はこちらです。

日本人に必要なLとRの発音矯正の授業の様子はこちら (授業の様子の動画)











このブログを検索

ブログ アーカイブ

メールでフォロー (更新をお伝えします)