シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

ツアーの目的 その5 シンガポールの学生の姿を見る。

シンガポールで見てもらいたいことは、アジアの学生の学ぶ姿です。

アジアの学生は実に真摯に勉強をします。シンガポールの学生の勉強内容と量は日本のはるか上です。

以下は、私の経験です。

2009年3月、私立中高一貫校の授業についていくことができずゲームにハマり、勉強の意欲を失っていた中2の長男は、夫の転勤の辞令がでるや、家族に先立ちシンガポールに単身渡りました。

主人の転勤は5月、私は10月まで仕事があり、次男は中学入試のため翌年3月まで日本を動けなかったのです。

インターの入学は夏。それまでに英語に慣れておきたい、という思いが本人にはあったのでしょう。

日本の中学校でも勉強しない息子を、いきなり1人でインターナショナルスクールに入れることに関して、私は大きな不安をいだきました。

そこで必死になってネットで見つけたのが、フルタイムの受験塾です。

長男はホームスティをしながら語学学校に3ヶ月間通いました。

そこで、彼は、ルームメイトのアジアの同じ年頃の子どもたちの勉強量を見て、自分の甘さに気がついたようです。

そして、2009年7月からインターナショナルスクールに通い始めます。

3ヶ月間の特訓の甲斐あって、インターの入学試験ではESLクラスにはならず、はじめからメインストリームの生徒たちと授業を受けることができました。

私のツアーでは、シンガポールの学生さんとの交流をします。

真摯に学ぶアジアの学生の姿を見て、学ぶ意義を見出してもらえたら幸いです。 










このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)