シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

日本の学生の語学力が伸びない理由 1 



日本の学生の英語の成績が振るわない理由を考えました。

それはトップ層以外の学生が、英語を習得する必要性を切実には感じていないのではないでしょうか。

日本にいると英語を使う機会がなく、英語を学ぶ目的意識を持ちにくい。大学全入時代を迎え、大学入試のハードルがどんどん下がっているのが一因だと思います。

今回、声をかけた人のなかで、別に英語なんてできなくてもいい、困らない、といった子がいました。その子なりの論理でしょうし、間違っていないと思います。

でも、私は憂えるのです。若者の学力の衰退は国の競争力の衰退に直結するからです。
日本から多国籍企業がシンガポールや香港に移転するのは、単に法人税のせいでしょうか?

シンガポールに行く前、私はとある多国籍企業の社長に日本語を教えていました。そして、彼はいつもこう嘆いていました。
「日本は、英語ができて仕事ができる人を見つけるのが本当に大変なんだ。このままでは移転をしなくてはいけない」と。

日本もシンガポールも資源がありません。両国の資源は人材です。すごい勢いで勉強をしているシンガポール人、インド人、中国人、韓国人を見ていると、10年後、20年後の日本はどうなってしまうのだろうと心配になります。 

日本の学生がんばれ! 日本の親もがんばれって思うのです。

私もがんばります。


英語ができると入試に有利

日本の中高生をシンガポールに留学させたい。そう切実に思うことが今日もありました。
高1の河合塾全統模試の結果が返り、次男は英語の点数が200点満点193点(つまらないミス)、全国平均点は75.6。つまりたった1教科で117.4点上回ったことになります。偏差値87。英語ができることがどれだけ入試を有利にするのか、全国の中高生とその親御さんにわかってもらいたいと思います。

これは自慢ではありません。事実、私はこの結果を見て暗澹とした気持ちと強い使命感を感じたのです。私は日本の学生の学力と日本の将来を案じているのです。試験の内容はシンガポールの小学校4-5年生レベルです。息子は、Young Prodigyに通えば、2週間で必ず成績が上がる、といっています。語学学校からはあまり期待させるようなことは言わないようにといわれていますが、私も息子の意見に同感です。8月の最後の2週間、子どもをシンガポールに送り出せる方は、こちらまで。

日本の中高生に、シンガポールを見てもらいたい。

日本の若者に、シンガポールを見てもらいたい。
この国のスピード感を感じてもらいたい。
レベルの高い授業で英語の実力を伸ばし、、
いろんな宗教文化に触れて、
珍しい料理を食べて、
アジアの歴史を学んで、
地元の学生と出会って、
一回り大きくなってもらいたい。 
日本人としてのアイデンティティを見つけてもらいたい。

シンガポールで自分や子どもたちが受けた刺激や感動を、中高生に届けたい。

そんな願いをこめて作った今回のプログラム。

8月最後の1週間か2週間、シンガポールで勉強してくれる人は、ご参加下さい。

私がしっかり付き添います。

シンガポールで肝試し? Wild Wild Wet

日本では得られない体験を、と選んだのがシンガポールの東にあるWild Wild Wet というプール。 

リゾートにも大きなプールが付いているのですが、ここのプールは特別です。

富士急ハイランドのジェットコースターも、豊島園のジャンボスライドも平気な私ですが、ここの滑り台だけは違いました。

知らずに乗ってしまったのですが、ただで無重力を体験できました。
正直、生きた心地がしませんでした。





ところが、
ところが、

今回、下見に行ったとき、Timesworld社のWilsonさんが、もっとすごいのができたんだよ、と教えてくれました。

それが、このTorpedo



















滑り台の入り口が、ほぼ垂直









よくみると、水がざばざば。

息ができるのかしら?



数学の強いシンガポールのことですから事故にならないように計算されていると、、、信じましょう。
(2016年 追記)
その後、何度も乗って、というか、落ちてみましたが、強烈なフリーフォール体験ができます。

これらのアトラクション 入場料(19シンガポールドル)を払えば全部フリーです。
(2016年現在、24ドルです。なんでも値上がりしているシンガポールです)

若者よ! 日本を出て、勇気をつけよう!!


ちなみにうちの子どもたちは、こういう乗り物が平気です。

小さいときから少しずつ、「大丈夫だよ」と体験させてきました。

中学3年生生で単身シンガポールに留学したり(長男)、

同じく中3の時、オーストラリアから一人でバスと電車と飛行機を乗り継いで帰ったり(次男)、

小1の時、迷子になるとすぐに見知らぬシンガポール人に電話を借りてかけたりしてくる(三男)

彼らののたくましさは、こんなところで身に付いたのかも。

あ、もちろん、流れるプールでゆったりすごしてもらってもいいですよ~。

「小心者には不向き」 (Not for faint hearted)と書いてありますから

(2016年11月 追記)
2016年12月に、すーーーーーごく怖いスライダーが完成するそうです。






募集を開始しました

これまで身近な友人にのみ公開し、いろいろな意見をモニタリングさせていただいてきましたが、現地の受け入れ態勢も整い、日本の旅行代理店とも相談し、料金も確定しましたので、本日よりこのサイトを一般に公開いたします。

日本の中高生にシンガポールできちんとした英語を学んでもらいたい。アジアに出てこの国の成長を見て、その秘訣を学んでもらいたい。そんな夢が叶いますように。

各回定員16名、できるだけ4人グループでのお申し込みをお待ちしております。

シンガポールに行ってきました。

現地の主催者であるTimesWorld社と打ち合わせをしました。経験豊富な同社のアドバイスは実に的確。今回利用する予定のレストランのフィッシュヘッドカレーはとても美味しかったです。早く、日本の中高生に食べさせてあげたいです。

ブログを開設しました。

ブログを開設しました。
まずは、身近な友人にだけ知らせて、いろいろな意見をいただきながら修正を加えて、公開したいと思います。



このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)