シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

ヨガの先生から見た日本

今日、ネパール出身のヨガの先生と英語で話をしました。

私「日本で驚くことは何ですか?」

(What surprises you most about Japan?)

ヨガの先生「街も駅の構内もオフィスもとてもきれいなことです」

(In Japan, it is so clean in the town, in the stations, in the office and everywhere)

私「私が住んだことのあるフランスやシンガポールでは、お掃除は外国人労働者の仕事でした。

フランスでは、『ポイ捨て(Litter)をやめたら労働者の仕事がなくなってしまう』という人もいました。

でも、日本人はポイ捨てをしません。自分の周りは、自分で綺麗に保とうとします。

労働は美徳(Working is a virtue)であり、職業に貴賎なし、という日本の考え方が私は好きです」

ヨガの先生「日本は戦後貧しい国でした。でも、清潔なところからはポジティブなエネルギーが生まれます。だから、日本は発展したのだと思います」

( After  World War Ⅱ, Japan was a poor country but it was clean, .positive energy come out of clean places, that's why Japan has developed so much)

外国人と話をすると、いつも新たな発見があります。

きれいなところからは良いエネルギーが生まれて国が発展する、

そのように考えたことはありませんでした。 ヨガの先生らしい視点です。

働くことは美徳であり、職業に貴賎はない、

この日本の素晴らしい一面に気がついたのは、ヨーロッパ人と話していた時のことです。


ツアーの参加者はシンガポールで、どんな日本を見つけるのでしょう。

どんな自分のアイデンティティに気づくのでしょう。

楽しみです。

今日も、毎日エデュケーションで説明会があります。 こじんまりとした部屋で保護者の方や生徒の方に自分のツアーの思いをプレゼンできるこの機会が私はとても好きです。

説明会は今日を含めてあと2回。 このツアーの募集は、2月7日(金)に締め切ります。

定員がありますのでお申し込みはお早めに。 ご案内はこちら

お申し込みは、主催者の毎日エデュケーションさんのHPからどうぞ

詳しい情報は、プログラムの詳細 をお読み下さい。






このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)