シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

シンガポールでの勉強量

今回のツアーには私の三男が同行しました。

小5ですが、シンガポールに住んでいたので、道案内からちょっとした通訳までしてくれました。

さて、帰国後、三男が2週間でシンガポールで勉強した量を見て驚きました。

A4のプリントが64枚 半分は裏にもぎっしりと英文や問題があります。

きっと高校生はもっとたくさん勉強したことでしょう。100枚近い人もいると思います。

しかも内容が高度です。

数ある語学学校から、この学校を選んだのは、授業の真剣度が他とは異なっていたからですが、今回は受験直前(シンガポールの入試は10月)ということもあり、春休みよりもハードだったようです。このハードなスケジュールをこなした皆さんを私は誇りに思います。

ところが授業がきつい、というネガティブな声は聞かれませんでした。

進学塾の夏の合宿のようだと思いました。

教える側が上手であれば、勉強は苦ではない。

一生懸命やることは楽しいのだと思います。

最近、ある大学の先生から素晴らしい言葉を聞きました。

「人生で楽しいことって、できないことができるようになったり、知らないことがわかったりすることでしょう?」

こんな先生に学んだ生徒は幸せだと思いました。

さて、参加者の皆さんは、10月の英検に申し込んで下さい。

申し込みは9月16日までです。 

7月までは全く手も足も出なかった級に合格して初めてこの「遊びではない」留学の成果が証明されるのです。

私がTOEICではなく、英検を進める理由は、TOEICはビジネスパーソン向けで、英検は学生向けだと思うからです。

英検では、語彙力、読解力、文法、リスニング、スピーキングが測られます。

英語の基礎力をきちんと付けたい中高生には、英検が適しています。

もちろん、IELTSやTOEFLもいいのですが、少し値段が高いので、ここでは英検を薦めています。

試験をすると、皆さん圧倒的に語彙力と読解力がないことに気が付きます。

私は皆さんが将来、自分で留学ができるようになってもらいたいと思っています。

ですから語彙力と読解力強化に励んでもらいたいのです。

私もサポートします。


このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)