シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

クリスマスのプレゼント

アメリカで初めてのクリスマスを迎えました。

13歳の三男にも18歳の次男(冬休みに日本から来ています)にもプレゼントをあげました。

三男はアコースティックギターを欲しがっていたので買いました。楽器店に2日間通い、何時間もかけて、店員さんに相談しながら決めました。
楽しそうに練習しています。まだ初心者ですが、1日でかなり上達しました。

ゲームをしない分だけ彼にはたくさんの時間があります。
冬休み中は、毎日スポーツジムに行き、バスケ、水泳、ウェイトトレーニングをして、次男とラグビーのキャッチボールもしています。
10時には寝るせいか、身長が1年で13cm伸びて、もう174cm。体格も良くなりました。
映画が好きで、週に1度は見ています。日本語字幕で英語の映画を見ているのですが、元通訳の私よりも聞き取れています。若者の耳は悔しいほどいいです。

18歳の次男には、英語の解剖学の本を贈りました。まだ1年生なので一般教養を学んでいて、解剖学が始まるのは来年かららしいのですが、三男が骨の名前や体の組織の名前を英語で言えるようになっているので、負けないように覚えて欲しいと思っています。
(三男が生物のテストのために作った単語帳はこちらです。)

次男には、日本という枠にとらわれない医師になってもらいたいと思っています。
商社から内定をもらった長男にも、三男にも、シンガポールに引率した生徒さん達にも、世界を舞台に社会に貢献してもらいたいと願っています。

次男は明日、世界最先端の医学研究機関を訪ねます。
私がテキサスでご縁のあった研究医の先生に見学をお願いしていました。
この訪問をきっかけとして、次男は他に2つのアポイントをとりました。
英文メールをあとから見たのですが、この1年でとても大人の文が書けるようになっていて驚きました。大学の授業のおかげだそうです。
順天堂大学では、英語は5つのレベルに分かれて行われているそうです。
明日は一人で行きますが、次男は社交的で英語も上手なので何も心配していません。

一昨日のイブには単身留学中の医大生をお招きしました。楽しかったですし貴重な情報がたくさんいただけました。今日も、アメリカの医学留学を希望する外国人学生にカウンセリングをしている近所の友人をお招きしています。近所の大病院の元院長先生の奥様とも先日お友達になったので今週中にお招きしたいと思います。

考えてみたら、私が子どもにプレゼントしてきたものは、「時間」と「ご縁」と「可能性」だったのかなって、これを書きながら思いました。

世の中に、クリスマスプレゼントと称して、スマホやゲームを与えることで、お子さんの「 時間」「ご縁」「可能性」を奪っている親御さんが多いのが残念です。




ところで、サンタさんはいるの?と聞かれた時の素敵な答えを見つけました。
私もこう答えればよかったです。

春のシンガポール留学 11名の方からお申し込みをいただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)