シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

チャレンジ精神の大切さ


今日、NHKの朝イチで「運のいい人の三要素」を紹介していました。
チャレンジ精神が運気をあげるなんて知りませんでしたが大切なことは知っていました。
子供を海外で育てたのですが、本当にチャレンジ精神の育成が盛んです。
私がシンガポールで子供達に教えることは、ずばり、この「チャレンジ精神」です。



2016年春休みのシンガポール留学ですが、まだ応募が10名です。(その後、お申し込みが続き現在17名です。女子10名 男子7名)
一番の原因は、私がテレビの仕事に入れ込みすぎて、募集の説明会を開けなかったことにあります。
二番目は日程です。今年はカレンダーの関係で春休みが短く、日程的に来られないケースがしばしば。
三番目は、男の子が重い腰を上げないからです。
親御さんは行かせたいのに、息子さんが首を縦に振らない。
私も長男が反抗期の時は苦労したので、親御さんの大変さがよくわかります。
これまでも、何度かそういうことがありました。
でも、無理にでも行ったお子さんはとても楽しみましたし、行かなかったお子さんは後悔しています。
「可愛い子には旅をさせろ」です。
日程を短くして、お値段も安くしました。 ぜひご参加下さい。
2016年 春休み シンガポール英語留学
photo.JPG
   日程 2016年3月26日(金)夜 ~4月6日(水)朝 羽田発着 
宿泊 ホームスティ  詳しい日程はこちら
募集人数 中高生 20名 (最低催行人数 15名) 
料金 263,000円 + 航空券代 (全日空直行便 
動画はこちら  (2014春)  (2014年 夏)
お問い合わせは お問い合わせフォームへ お申し込みは、お申し込みフォーム




英語力をつけたい大学生の皆さんへ、英語を使ったボランティア(アルバイト)のお知らせ

シンガポール留学に参加した生徒さんたちが、去年から大学生になり始めています。

英語ができる大学生はどんどん英語を使ってください。

まずは、私も大学2年生の時にしたCISVキャンプスタッフのボランティアの募集。

夏休み1ヶ月間、20代がメインの各国から来たリーダーたちと一緒に、11歳の子供達のお世話をします。無給ですが、食費や生活費は一切かかりませんし、英語力がつきます。
無料の楽しい留学です。

21歳以上で、語学力があれば、リーダーとして外国に1ヶ月行けるかもしれません。

募集要項は以下の通りです。ぜひ、ご応募ください。

28年前の写真、私がなぜか写っていませんが、このメンバーの半数とは今も繋がっています。 12カ国に友達がいると世界旅行が楽しいです。大学の時はバックパッカーとしてヨーロッパの友人を訪ね回りました。

~世界の子どもと過ごす夏~
CISV関東支部2016年度リーダー・スタッフ募集中!


―――◆◇◆◇――――――――――――――――――――

CISVは、半世紀以上の歴史を持つ平和教育・国際交流団体です。イギリスに本部を置き、現在世界約70の加盟国によって構成されています。

毎年、世界約40か国60か所以上で、様々な国から集まった子ども達がひと夏を共にすごし、お互いの理解を深めるキャンプを開催しています。
(2015年度派遣・開催実績:メキシコ、オランダ、英国、ドイツ、インド、ブラジル、ポルトガル、日本、他)

今年も、日本の子ども達を引率するリーダー、キャンプを参加者とともに作り上げるスタッフを募集しています。

現在、未決定の募集枠は下記の通りです。


○メキシコVLリーダー:2016/7/15~8/11
○オランダVLリーダー:2016/7/22~8/18
○ドイツVLリーダー :2016/7/22~8/18
○関東VLスタッフ  :2016/8/2~8/29


※ 渡航費、研修費、研修参加時の交通費、その他活動に必要な費用は支給されます。



【応募条件】
*プログラム参加時(出発時)に満21歳以上であること
(2016年中に21歳を迎える方は、誕生日にご注意ください)

*キャンプ生活を支障なく送り,子どものコミュニケーションを助けることの出来る英語力
(日常会話および簡単な書類読解)

*年間を通して行われる研修に参加可能なこと(開催地:東京)

【プログラム参加のおおまかなスケジュール】
・11~12月・・・説明会
・12~1月・・・選考: 2015年12月23日(水・祝)、2015年1月11日(月・祝)
→選考結果:2015年1月中旬以降
・ 2~6月・・・研修
・ 7~8月 or 12~1月・・・派遣
・ 9月~ or 2月~ ・・・派遣後のフォローアップ

【選考申し込み・お問い合わせ】
ltc@kanto.cisv.jp
担当者: 折本・大山
ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください!


リーダーは21歳以上ですが、スタッフは21歳以下でもできます。

アルバイトの募集は終了しました。





ドキュメンタリー番組の仕事

年末年始、翻訳とリサーチをした番組が、今晩放送されます。
NHK BS ドキュメンタリーWAVE
苦悩する仏イスラム社会
 ~テロ後 何がおきているのか~
 放送:1月10日(日) 22:00~22:49
 再放送:1月14日(木) 18:00~18:49
イスラムフォビア(イスラム人差別)は遠い国の問題ではありません。
差別やいじめは我が国にもあります。
でもそれが、何かのきっかけで「非常事態宣言」が出されて、国ぐるみで行われるようになったらどうなると思いますか? ぜひご覧ください。
52分の番組ですが、膨大な調査、取材、翻訳。一コマ数秒単位の気が遠くなる編集作業。
何気ない風景の一コマにも、心情を伝えたいという制作者の意図があることを知りました。
スピードと正確さが命の報道番組も好きですし、楽しい情報番組も気晴らしにいいのですが、こういうテーマ性のあるドキュメンタリーに関われるのは、考えさせられることも多くありがたいです。
以下はNHKからの引用です。
2015年11月13日に起きたパリ同時多発テロ。フランスの穏健派イスラム社会は、先の「シャルリー・エブド」誌への銃撃事件以降、フランス社会との対話と独自の改革も進めてきたが、以前にもまして厳しい状況に陥ってしまった。反イスラム(イスラムフォビア)の動きも加速。被害の相談を受け付ける団体の窓口には、差別や中傷などを受けたイスラム教徒からの相談が急増している。一方、フランスのイスラムコミュニティーの中では、移民第二世代といわれるフランス生まれのイスラム教徒たちが、なんとか「共生」の道を見つけ出そうと動き始めている。今回のテロ事件の衝撃の深さと、イスラムと共生する社会をどう作れば良いのか、思索し、模索し、発信し続ける若い世代の姿を捉えてゆく。


大学入試の願書に英語能力の記入欄が

次男の大学入試の願書を入力していたら、英検の合格級と、TOEFL、TOEIC、IELTS のスコア英語能力を記入する欄がありびっくりしました。(国際系学部でも帰国入試でもなく、医薬系学部の一般入試です)
幸い、次男は英検の1級を持っていたから良かったものの、その他は白紙。TOEFLとTOEICも受けさせておくべきだったと後悔。でも、もう間に合いません。
皆さんはこんな失敗をしないように、中高生は早めに資格試験を受けてくださいね。
今は一部の大学でも、大学の国際化の潮流でこれからはこのような大学が増えると私は予想します。
英検1級は帰国子女でなければとても取れないくらい難しいので、準1級以下の生徒さんは、早めにTOEICやTOEFLやIELTSの試験対策をしておきましょう。

留学の参加者には口が酸っぱくなるほどいっていますが、英語の勉強は早めに。
自主的に勉強するには、資格試験に挑戦するのが一番です。
高3になると本当に他の教科の勉強が大変になります。英語は先取りが可能です。
テストの形式に慣れる必要もあるので、英検の2級が取れたら、他の試験に早めに挑戦しましょう。
それは大学入試の為だけではなく、皆さんの将来の為になります。

春のシンガポール留学ですが、航空券が高くなっており、今週中に締め切りたいと思います
関心のある方はお早めにお申し込みください。

募集要項
http://goo.gl/Z4dOIn

参加者の方へ 留学前英語学習のご案内

留学前英語学習のご案内


「中高生のためのシンガポール留学」は2週間のプログラムではなく、お申し込みから、留学後の英検2次試験までの半年間のプログラムです。

2週間の留学の効果を最大限にするために、また、シンガポールを一層楽しめるように、まずは、事前に準備しましょう。

英検模試、弱点指導、語彙増強プログラム、シンガポールで使う英語表現学習、シンガポールの知識の紹介を読解 などがプログラムに入っています。
 


事前英語準備は以下のように進めていきます。


0) Skypeのアカウントを作る。(無料です。クレジットを買う必要はありません。作り方はこちら


1) 英検の過去問を解いて、弱点を克服。語彙力強化。


シンガポールの語学学校のテストや授業は英検の問題に似ています。


① ツアーに参加させてくれた親に感謝して、実力よりも一つ上の英検に合格すると決心します。 


②その級の過去問を英検のサイトからプリントアウトし、第1回(6月)の問題を時間を測って解きます。(まだ一度も受験したことがなくて自分の実力がわからない人は、英検のサイトの問題を解いてみて、合格点が取れない級が目標級となります。


知らない単語には丸をつけておきます。解答用紙は、「英検◯級 解答用紙」で検索すると出てきます。リスニングも解きます。
自分で答え合わせをして、わからなかった単語を書き出します。


③ 英検提出フォームで結果を提出してください。

④ 新出単語をすべて調べてください。自分で単語帳を作ってもいいですし、Quizletに入力するとよく覚えますよ。リスニング原稿の新出単語も忘れずに。 


電子辞書を持っていない人は購入して下さい。


シンガポールの授業はペースが早く紙の辞書をひいている時間はありません。


⑤私が生徒の弱点を分析して、その生徒にあった勉強方法を提案します。シンガポールに行くまでに強化すべきポイントと方法を伝えます。 課題を出します。 


2) オンライン英会話を受講


授業中やホームスティ先やローカルの人との会話で困らないための最善の方法です。


私の子どもがお世話になったのはレアジョブというサイトですがDMM英会話は教材が豊富です。毎日25分話せてこの値段は格安。
もちろん、他の会社でも構いません。 できれば毎日。少なくとも週に4回はおしゃべりして下さい。

まずは自分のこと、その後は日常会話を練習しましょう。続けるコツは、終わった後に翌日の予定を入れること。


何を言っているのかわからない時には、Could you write down what you've said? というか、Write down, please とSkypeのチャットボックスに書いて下さい。


聞いてわからないことを書いてもらうことはリスニング強化の最短コースです。


オンライン英会話はできれば毎日やって下さい。25分の授業が終わったらすぐに私にスカイプのチャットで報告して下さい。


先生とのチャットの内容を私のスカイプのアカウント(tamatakeri)にコピペして下さい。(Skypeのチャットのコピペの方法は、選択して、CTRLキーとCを同時に押してコピー 私のチャットボックスに移って、CTRLキーとVを同時に押してペーストです。)


英検2級以上の生徒さんにお勧めしたいのが、DMMのデイリーニュースです。VOA(アメリカの外国人向けラジオ番組、とってもゆっくりと平易な英語で話してくれるので英語学習者には最適です)の音声とトランスクリプト(書き起こし)が載っているので、
1)単語の意味をチェック
2)映像や音声を聞きながら、書き起こしを読む
3)スカイプの先生の質問に答える。英作文を伸ばしたい人は最初に答えの文章を英作文して、チャットボックスに送れば添削してもらえるでしょう。

英検2級以下の生徒さんはSIDE BY SIDEをつかって英会話をするといいと思います。


シンガポールでは、周りがいろいろと質問してくるでしょう。(私がお願いしているからですが)


準備しておくと、いいですよ。効果抜群です。


英語は学んで使う。使って身につける、ものだからです。


私は、毎日皆さんからおくられてくるオンライン英会話のチャットのコピーを見て、コメントをします。



3)自己紹介文を作る
ホームスティ先や学校でいっしょになる学生や現地のボランティアの人たちにあらかじめ自己紹介を送ろうと思います。1月末までに、100語程度の自己紹介文を送ってください。あと、プロフィール写真も送ってください。


名前は本名は書かずニックネームで
l  50語から100語で
l  年齢
l  自分の性格
l  趣味
l  好きな食べ物と嫌いな食べもの
l  シンガポール留学で楽しみにしていること
などを書いてください。
オンライン英会話の先生に添削してもらってください。
写真はどんなものでも大丈夫ですが、顔がわかるものにしてください。提出がない場合はパスポートの写真になってしまいますよ(笑)

3) 現地で使うフレーズを暗記する。


シンガポールでつかう表現集を後日音声入りでお送りします。 何度も聞いて覚えてください。

4) 1)から3)を終えた希望者には、英単語のリストとシンガポールの社会の教科書やシンガポールで使うテキストを送ります。

2016年 挑戦の年に

新年あけましておめでとうございます。
皆さんはどんな新年をお迎えでしょうか。
我が家は、センター試験を控えた受験生がいて、家族もそれぞれ勉強モードです。

私は昨年、仕事の合間に勉強をして「通訳案内士(ガイド)試験」を受けました。(合格発表は2月です。)
外国人の方々によりよく自国の歴史や文化を説明できるようになりたいですし、
自分が引率した生徒たちに、オリンピックのガイドになってもらいたいからです。
歴史、地理、一般常識、英語の面接など、とてもいい勉強になりました。

よく、どうやって外国語を習得したのか、と聞かれるのですが、私の場合
このように試験や仕事で自分を追い込んで勉強をしています。
人間ってなにか追い立てられないと目標をたててもなかなか勉強できないものです。
通訳の仕事の前や試験の前は自ずと必死で勉強します。短時間で習得できます。
私が参加した生徒に英検などの受験を勧めるのはそのためです。
自分で学ばなければ身に付かないからです。

シンガポール留学に参加した生徒さんたちは皆それぞれ帰国後2ヶ月後の英検に挑戦して、多くの生徒さんが留学前には何十点も及ばなかった級に次々と合格していきました。
目安としては、
中1で3級ー準2級 
中2で準2級ー2級、
中3ー高校生で2級ー準1級に合格しています。(準1級の合格率をもっと高めたい)

11月に英検2級に合格したばかりの小学6年生の三男は英検の準1級に申し込みました。
かなり大きな挑戦です。準1級は高校生でもなかなか合格しません。
とにかく、挑戦すること、失敗を恐れないこと、目標に向かって楽しく努力することが大切だと思っています。

ツアー中、私がことあるごとに子供たちに伝えるのは、チャンレンジ精神の大切さです。
アジアの子供たちと比べて、今の日本人に足りないのはチャレンジ精神やハングリー精神だと思います。それが日本の産業を弱くしていると私は考えています。シンガポールに行ってアジアの成長の息吹を感じてもらいたいと思います。

今のところ、シンガポール留学のお申し込みは約10名です。
航空券の値段が上がりつつあってちょっと焦っています。

最低催行人数まであと5名。

シンガポール留学の詳細はこちらです。

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)