シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

スマホの機能制限方法をご存知ですか? おすすめアプリ Ourpact

アメリカの保護者と話していると、スマホやパソコンの利用に対する毅然とした態度に驚かされることが多いです。性犯罪や麻薬などの凶悪犯罪が日本よりも身近な問題だからでしょう。

数ヶ月前、学校のPTA主催の「子どもをサイバー犯罪から守る」という講演会に参加したのですが、
「お子さんのスマホのパスワードを知っている人?』という質問に、100名以上いた会場の2/3以上が手を挙げたのにはびっくりしました。

このブログでもなんども紹介している「母から息子へ スマホを使うための18の約束」
は我が家でも導入しました。

アメリカ人の友人はこれに加えてよく機能制限機能を使っています。
これによって、スマホではインターネットが使えなくなったりゲームができなくなったりします。
友人が使っているのがOurpactというフリーアプリです。日本でも使えることがわかりました。 使い勝手がいいようです。

最近遊びすぎだから、宿題が終わるまでスマホは電話機能だけ、ということもできます。
方法はこちら(iPhone), (android) です。

IPhoneにはアクセスガイドという機能がついて、子どものスマホ利用時間を制限できます。方法はこちらです。

「うちの学校は、22時から5時までのスマホ利用は校則により禁止です。各ご家庭で制限をかけて下さい」と言ってくださる校長先生のいる学校があれば嬉しいです。



iPhoneの機能制限例 変更には保護者のパスワートが必要です。






0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)