シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

トランプ大統領 就任演説 全文

トランプ新大統領の就任演説をテレビの生放送で見ました。
今はアメリカに住んでいますが、テレビ局で働いていた去年までは、こうした演説ををテレビ局で訳していました。カフェで1時間足らずで訳したのですが、不確かなところをカフェにいるアメリカ人に確かめられたのはよかったです。よかったら参考にしてください。シェアは自由です。できたら音声を聞きながら読んでください。この動画は英語の字幕を入れることもできます。


「ロバーツ最高裁判所長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、アメリカの皆さん、世界の皆さん、ありがとう。


我々アメリカ市民は今、この国を立て直し、全国民のための約束を取り戻すための偉大な国家的努力に加わりました。
困難が待ち受けているでしょう。苦難に直面するでしょう。しかし我々はこの仕事をやり遂げます。

4年ごとに、我々はここに集い、整然と、平和に、権力の交代を行います。
この政権交代を丁寧に支えてくださったオバマ大統領とミッシェル・オバマさんに感謝します。彼らは実に見事でした。ありがとう。


しかし、今日のこの式典には特別な意味があります。なぜなら、今日は政権や政党が交代しただけではありません。我々は政権を首都ワシントンから国民の皆さんに戻しているのです。


これまであまりにも長い間、この国の首都にいる少数グループが政府の恩恵を受ける一方で、人々がそのコストを背負ってきました。ワシントンは豊かになっても、国民にはその富が分けられませんでした。政治家が豊かになり、仕事は去り、工場は閉鎖していきました。


エスタブリッシュメント(既得権益層)は自らを守っても国民は守りませんでした。彼らの勝利はみなさんの勝利ではなかったのです。彼らの成功はみなさんの成功ではありませんでした。彼らは首都で祝っても、この国じゅうで苦しんでいる家庭には祝うことなどほとんどありませんでした。

全ての変化はこの場所からこの瞬間に始まります。この瞬間はみなさんの瞬間なのです。この瞬間はみなさんのものなのです。


ここに今日集まった皆さん、アメリカ中で(就任式を)見ている全ての人のものなのです。これはみなさんの祝典です。みなさんの日です。このアメリカ合衆国はみなさんの国なのです。


大切なのは、どの政党がこの国を支配するかということではなく、この国が国民によって統治されているということです。2017年1月20日は、国民が再びこの国の統治者になった日として記憶されるでしょう。


この国の忘れられた人々(男女)はもう忘れられることはありません。


いまや誰もが、あなたの話を聞きます。みなさんは何千万人もの人と共に、世界がこれまで見たことないような歴史的な動きの一部になったのです。


この動きの中心には、極めて重要な信念があります。それは、国家は国民に奉仕するためにある、という信念です。 アメリカ国民が望むこととは、子どものための素晴らしい学校、家族のための安全な環境、そして自分たちのためのいい仕事、です。


これらは正義の人たち、正義の国民の当然の要求です。しかし、我々市民の多くの人たちにとって、現実は異なりました。母や子どもたちは都市で貧困から抜け出せず、錆びた工場が墓石のようにこの国中に点在し、教育システムには金が流れ込むのに、我々の若く美しい学生には知識が与えられない。そして犯罪、ギャング、薬物があまりに多くの命を奪い、これから生まれる潜在的な力を奪っています。このようなアメリカの大量殺人はすぐにここで止めなければなりません。


私たちは一つの国家です。彼らの痛みは我らの痛み。彼らの夢は我らの夢。彼らは成功は我々の成功です。我々の心は一つ、故郷は一つ、偉大な夢は一つです。


今日の就任の宣誓は、全てのアメリカ人への忠誠の誓いです。ここ何十年間も我々はアメリカの産業を犠牲にしながら、外国の産業を豊かにしてきました。我々の軍隊を悲しいほど消耗しながら、外国の軍隊を支援してきました。他国の国境を守る一方で、自らの国境を守ることを拒否してきました。


何兆ドルも海外で使いながら、アメリカのインフラは荒廃し、朽ちています。


我々は他の国々を豊かにする一方で、我が国の富、強さ、誇りは地平線の彼方に消えてしまったのです。工場はひとつ、また、ひとつと閉鎖され、国外に移っていきました。残された何百万人もの労働者たちのことを少しも考えずに。


中産階級の富が彼らの家庭から奪われ、世界中にばらまかれたのです。
でも、それは今となっては過去のこと。これからは未来だけを見ましょう。


今日、我々はここに集い、新たな法令を発します。全ての海外の都市、首都、政権の耳に届けます。
この日から、新たな考え方がこの国を支配します。今日から、アメリカだけを優先します。アメリカ・ファーストです。


貿易、税金、移民、外交、全てがアメリカの労働者やアメリカの家庭の利益になるように決定されます。我々は国境を守り、我々の製品を製造したり、我々の企業を盗んだり、雇用を破壊したりするような他国の略奪から国を守ります。


保護は大きな繁栄と強さにつながります。私たちは全身全霊をかけて皆さんのために戦います。決してみなさんをがっかりさせません。アメリカは待ち勝ち始めます。かつてないほど勝ちます。

雇用を取り戻します。国境を取り戻します。富を取り戻します。我々の夢を取り戻します。

我々は新しい道路や高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を、この素晴らしい国じゅうに建設します。国民から福祉を取り上げ、仕事に就かせ、アメリカ人の手で、アメリカ人の労働力でこの国を立て直します。
シンプルなルールを2つ守るだけです。アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇うのです。


我々は世界の国々と友好関係と親善を模索します。しかし、全ての国も自分の国益を第一に考える権利があることを理解します。我々のやり方を他に強要しようとは思いません。むしろ輝かしい例となるのです。皆が付いてくるように我々は輝くのです。


古い同盟関係を再強化し、新しい同盟を形成します。文明社会を団結させ、イスラム過激派のテロリスムと戦い、この地球上から根絶します。


我々の政策の基盤は、この国への全面的な忠誠心です。そして、国への忠誠心を通して、我々はお互いに対する節義を再び見出すのです。愛国心に心を開けば、偏見が生まれる余地はありません。


聖書は、神の民が団結して暮らせばどれほど素晴らしく快適なのかを説いています。我々は心の内をオープンに語り、意見が違う時は率直に議論しながらも、常に連帯を追求します。アメリカが団結している時、アメリカは止められないのです(進み続けます)。


恐れることはありません。我々は守られています。軍隊や法執行機関(警察)の偉大な人々(男女)に常に守られています。何よりも大切なことは、我々は神に守られていることです。


最後に、我々はより大きなことを考えて、夢見なければなりません。国は努力して初めて生き生きとすることを我々は理解しています。語るだけで行動を起こさない、不満を言うだけで何もしない政治家は許されません。


空虚な議論の時代は終わりました。行動する時です。


そんなことできない、なんて誰にも言わせてはいけません。アメリカ人の心、戦い、精神に勝る課題など存在しないのです。我々は失敗しません。我々の国は再び、栄えて豊かになります。新たな千年紀の始まりです。宇宙の謎を解き明かし、病気の不幸を地球上からなくし、明日のエネルギー、産業、技術を利用するのです。新しい国家的プライドが我々の心に湧きおこり、視野を高め、我々の分断を癒します。
昔の兵士が決して忘れなかった古い知恵を思い出す時です。肌の色が黒でも茶色でも白でも、我々にはみな愛国心の赤い血が流れているのです。
我々は同じ輝かしい自由を享受しています。そして同じアメリカの偉大な国旗に敬礼するのです。


デトロイトの無秩序に広がった(スプロール化した)都市に生まれようが、ネブラスカのだだっ広い平原に生まれようが、子どもたちは同じ夜の星を見るのです。彼らの心は同じ夢で満たされ、同じ全能の創造者によって命の息吹を与えられているのです。


全てのアメリカ人よ、ここから近かろうが遠かろうが、住む町が大きかろうが小さかろうが、山から山、海から海までこの言葉を届けます。みなさんはもう忘れ去られることはありません。


あなた方の声、あなた方の希望、あなた方の夢がアメリカの運命を決めるのです。あなたの勇気と善行と愛が我々を導きます。私たちはアメリカを再び強くします。我々はアメリカを再び豊かにします。われわはアメリカに自信を取り戻します。我々はアメリカを再び安全にします。そうです。一緒に。我々はアメリカを再び偉大にします。ありがとう。 皆さんに神のご加護を。アメリカに神のご加護を。ありがとう。」 


翻訳:新美真理子

0 件のコメント:

コメントを投稿

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)