シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

3日目 朝から授業 放課後も宿題

さあ、本格的に授業が始まりました。
いつクラスを覗いても、みんな真剣に授業を受けています。
毎回、一人くらい、勉強が大っ嫌いな生徒がいるのですが、今回はみんなとても真面目です。昨日の宿題を夜の12時近くまでやっていたという生徒もちらほら。なんという体力。

今回は5つのレベルに分かれました。 4級(1人)、3級(1人)、準2級ー2級(14人)、2級(2人)準1級以上(6人)です。
リスニングや会話の問題も多かったせいか、英検の授業以上にオンライン英会話を頑張った生徒が上のクラスに入り、サボっていた生徒は下のクラスに入りました。
でも、それがちょうどいいクラスのようで、みんないい感じで授業を受けています。

どの生徒にとっても、宿題がかなり出るので、今日からは放課後4時から6時まで、学校で宿題を見ることにしました。ナンヤンの学生も7人来てくれました。

9時から4時まで授業で、4時から6時までまた教室で宿題なんてなんだかかわいそうなのですが、お菓子を食べながら楽しそうにやる生徒、数人で協力しながらやる生徒、いつまでもナンヤンの学生と喋っている生徒(私の息子です)、それぞれの時間を過ごし、6時には下校。

ホームスティに着くと、早速プール二入ったり、卓球をしたりしていました。
明日からはテニスコートも予約したので、ラケットを持ってきた生徒は楽しんでくださいね。

ひとつ気になることは、男女が全く混じっていないこと。
名前も覚えていない生徒がいることがわかってびっくり。

4日目の課題は「異性と話す」です。


このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)