シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

最終日、ユニバーサル・スタジオとガーデン・バイ・ザ・ベイ

最終日は、一番人気のユニバーサルスタジオです! 
毎回、セントーサと並んで、人気ナンバーワン!
土日の混雑を避けて、最終日にもってきました。
中高生って本当に遊園地が好きですよね〜。
リゾートで一緒だったタイのグループと。海外のグループはいつも小学生がメインです。
日本もこれからはそうなると思います。




USS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)の中はこんな感じです。
私はもう10回くらい行っているので、攻略法をお知らせします。

  1. まずは、開門前に行くこと。日本のディズニーランドほどではありませんが、夏休みの週末などは開門1時間前の9時には到着しましょう。
  2. 入場したら、入り口の街並みには気を取られず(帰りに十分時間があります)、Sci-Fi Cityに急いで直行。人気の乗り物は上の地図の右上、Sci-Fi City (transformer, Cylon, Human), Ancient Egypt (Mummy), Lost World (Jurassic park) の5つです。この地域を午前中に回ります。午後は待ち時間がぐっと長くなります。今知ったのですが、このアプリを入れていくと、待ち時間がわかります。
  3. 他のユニバーサルスタジオと同じらしいのですが、Lost Worldのショーは楽しいです。特に常夏のシンガポールでは、座る席によっては水浸しになって気持ちがいいです。(歩いているうちにすぐに乾きます)これを午後に見ます。
  4. 午後は暑くなるので、絶叫系は午前中の乗り物(待ち時間は涼めます)にいったり、穏やか系は地図の左側 Far Far Away や Madagascar のショーなどを楽しむといいと思います。
夕食を食べた最終日、一行はガーデンバイザベイに向かいます。
これまでは、昼間に入れていましたが、あまりに暑かったのと、昨年初めて行った光のショーがあまりに良かったので、今回からは日暮れから行くようにしています。一番心配なのが迷子。ですからここでもナンヤンの学生に沢山来てもらって生徒たちを見守ってもらいました。ナンヤンの学生たちには感謝の言葉しかありません。


夕暮れにシルエットが映えます。

日が落ちて真っ暗になるとスーパーツリーが音楽に合わせて輝き出します。
このショーはネット上で動画で見られますが、行ってみるのとは全く違います。
南の国の夕暮れ、新しく出来たお友達と潮風を感じながら、光と音楽に包まれる。
頑張った皆さんにふさわしいフィナーレになったと信じます。

一行は、この後空港に向かい、深夜便で無事帰国しました。



このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)