シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

アメリカのいじめ対策「匿名報告フォーム」

先日、三男の学校のホームページを見ていたら、Annonimous reporting (匿名報告)というリンクがあったので、なんだろう思ってクリックすると、いじめなどの問題を学校に匿名で報告できるフォームでした。 (後に原文と日本語訳を載せます)
これは、簡単に作れるフォームです。(google formの作り方はこちら このようなフォームを作って、リンクを学校のHPに貼るだけです。記入された内容は、自動的にエクセルのような一覧表になるので記録として残りとても便利です。設定すればメールで通知が入ります。)

これで、いじめられている生徒の声を拾い上げることができたら、自殺防止にもなります。先生に直接言う勇気がない子も救われる気持ちになるでしょう。
規律違反(タバコ所持など)
こんなことしたら先生の仕事が多くなる、なんて思っていませんか?
この中学校の生徒数は1377人です。いじめはそれほど聞かれません。
アメリカのいじめ対策については、こちらで少し詳しく書きましたが、私が知る限り、アメリカの学校ではいじめや人種差別は絶対にいけない、という学校や大人の姿勢が徹底しています。
それでも、完全にいじめを防ぐのは不可能です。
いじめられたと子供が感じたらそれはいじめです。
それにどれだけ対応ができるかが重要になってきます。
以下のような、いじめられた生徒が学校に報告しやすいフォームのリンクをすべての学校のHPに貼ってもらいたいと思います。それは今日にでもできることです。

Anonymous Reporting


Bullying Incidents or Other Disciplinary Concerns at MMSIf you are experiencing a problem with bullying at MMS, or have other discipline-related concerns regarding our school, leave your concern below for the principal. You do not need to leave your name. PLEASE – BE AS SPECIFIC AS POSSIBLE. Leaving times, dates, locations, and other information is crucial to resolving your concern. Again, you do not need to leave your name unless you want the principal to follow up with you. All messages will be taken seriously and will be worked on promptly – this website is checked daily by the principal. That said, if you are experiencing a serious problem that needs immediate attention, you are urged to tell a teacher, school leader, or other trusted adult as soon as possible.  

(日本語訳)

匿名報告


学校でのいじめや規律違反について

もしも、あなたが学校でいじめにあっていたり、他の規律違反で気になることがあったら、ここに書いて校長に知らせてください。あなたの名前を書く必要はありません。できるだけ詳しく書いてください。時間、日にち、場所、その他の情報は、その問題を解決する上でとても重要です。繰り返しますが、あなたの名前を書く必要はありません。ただ、校長のフォローが必要な時は書いてください。全てのメッセージは深刻に受け止められ、速やかに対策がとられます。このサイトは校長が毎日チェックします。とは言うものの、早急に対応すべき深刻な問題であれば、教師、学校のリーダー、信用できる大人に、できるだけ早く話をすることを強く勧めます。


  1. 名前(任意)
  2. 学年(任意)
  3. どんな問題ですか? 
  4. それは最近ではいつ起こりましたか?
  5. どの場所で起こりましたか?
  6. 直接関わっている人は誰ですか?
  7. 学校が話を聞いた方がいい人たちはいますか?(目撃者、このことを知っていそうな生徒、保護者など)
  8. その他何でも学校が知っておくべきことがあれば書いてください。






このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)