シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

シンガポールの英作文の授業

シンガポールに来ています。
小学5年生(3級〜準2級)の英作文のクラスを見学しています。
ひとクラスは12人。

今日は Expository Essay 意見の英作文の書き方の指導です。

「試験は廃止されるべきか( Exams should be abolished in school?) 」

昨日の授業でディスカッションが行われ、試験は嫌いだけど必要だという結論に落ち着いたそうです。

そこで今日は書き方の勉強です。

意見の英作文の書き方の基本です。

1)最初に意見をはっきり述べる。中途半端にならない。
例:試験は廃止されるべきではない。

2)次に理由を書く。試験が必要な理由を説明を加えながら書く。
各パラグラフのはじめは、指2本分空ける(インテンド)
例:
試験は知識を測るのに有効だから。
様々な問題に答える力を訓練してくれる
正しいやり方を覚えるのに役立つ
生徒の勉強する動機になる
正しい競争をウナが明日

3)しかしながら、個人的には試験は好きじゃない。(理由:ストレス など)

4)結論

日本人の生徒は、まだこの書き方に慣れていなくて、1)と4)の部分ではっきりとした意見をかけませんでした。でも、英作文の構文に慣れてもらいたいと思います。

先生がチェックするポイントの説明がされます。

  • スペルは正しいか。
  • 人名、地名は、一貫して正しく綴られているか?
  • 同音異義語を正しく書いているか?(to, too, two, your, you are, here, here, of, offなど)
  • 文法は正しいか? 自制は? 主語と動詞が一致しているか?
  • 完全な文章で書いているか?
  • パラグラフの最初を指2本分あけているか?(インテント)
  • 新しい文章は新しいパラグラフに書いているか?
  • 文頭は大文字から始まっているか?
  • コンマやピリオドなどあっているか?

一緒のクラスのタイの生徒たちは授業中にスラスラ書いてしまいましたが、日本人生徒(中2から高1)で授業中に書き終えた生徒はいませんでした。宿題です。

これが80分に行われた授業です。

みんな、よく頑張りました!

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)