シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

医学生のためのヒューストン研修

「医学生のためのヒューストン研修」プロジェクトチームを立ち上げて、パイロットケースの医学生(6年生・親友の息子)が今週研修中です。
小児科志望の彼は、1週間の間に、午前と午後にびっしり予定が入っています。
テキサスチルドレンズホスピタルの名医の仕事を見学し(4回)、
開業医を訪ね、
ヒューストン大学で外国人に英語を教える大学教師の元にホームスティをし、
レジデンシープログラムを見学し、
アメリカ人の医大生と夕食をし、
NBAのプレーオフを(テレビで)観戦し、
ブランドが安いアメリカのショッピングを楽しみ、
英語が通じない苦しみを毎日味わい、
貴重な体験をしています。

それでも、たった1週間で、Uberを使いこなすようになり、メキメキとたくましくなってきています。

医学生にアメリカの先端医学を見せる、アメリカで頑張る日本人医師の背中を見せるという目的は間違っていないと思います。

彼は、英語を学ぶ必要性もすごく感じてくれています。
できれば、3年生くらいの時に来させてあげたかったです。
医学生の研修はそれぞれ関心も英語力も知識も違うので、1人1人のオーダーメイド。
私が6月に帰国しても実施できるかを見極めるためのテストだったのですが、やっぱり、何かがあった時にいつでもサポートできる人がいなければいけないと思っています。

最大の問題はヒューストンの交通事情。車がないと移動できない上にひどい渋滞。


こんなかっこいいHPまで作ってみたものの、彼が最初で最後の留学医学生になりそうです。


追記:こちらにも書きましたが、その後、たったの1週間で彼は英語力や適応力で著しい進化を見せました。

そして、メディカルセンターのそばに住む、開業医の先生がホストファミリーになるとおっしゃってくれました。(3人のお子さんの2人を医学部、一人はMITに行かせた家族です。)
夏に、もう一人(友人の娘さん)、冬に、もう一人(自分の次男)を研修させる予定です。




このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)