シンガポール英語集中講座のすすめ

世界一安全で教育水準の高いシンガポール。成長著しい東南アジアの中心として飛躍的な発展を続けるシンガポールに、ビジネスや観光だけでなくハイレベルな教育を目指して今世界中から多くの人々が集まっています。
シンガポールでの3年間の駐在中、インター校に通った中高生の子どもの英語力を現地の授業についていけるレベルにするために見つけた教育効果の高い語学学校を、帰国後、日本の中高生にも紹介したいと思い短期留学を企画しました。
シンガポールでしか体験できない英語集中授業と南国ならではの楽しい遊びをバランスよく組み込みました。
参加者の英語学習の目的意識の構築のきっかけを与えます。
次回のツアーのご案内はこちらをご覧ください。

写真で見るシンガポール留学1 2017夏 1日目


シンガポール留学ってどんなことをするの? 他のツアーとどこが違うの?という疑問に、写真でご説明します。

2017年7月29日 空港に集合です。生徒とご家族との記念写真 行ってきまーす。


出国し搭乗ゲートに行く方法を説明したら、子ども達だけで先に行かせます。自分たちで海外に行けるようになってもらいたいからです。私が搭乗ゲートに着くと、みんな勉強しています。なぜでしょう。


それは、シンガポールで使う基本例文を覚えてくるという宿題が出ているからです。全員にテストします。
(英検目標級によって課題の量は違います。)

全員合格して、搭乗、離陸。 いざシンガポールへ 
7月30日朝6時半に飛行機はシンガポールにつきます。

この時は初めてタラップでした。

シンガポールのチャンギ空港につきました。私は到着の写真をいつもすぐに日本に送ります。
心配している親心がわかるからです。毎日、できるだけリアルタイムに写真を共有します。



朝ごはんはバクテーの有名店Song Fa。テーブルには必ず男女混ぜて着席します。外では長い行列ができていましたが、旅行会社が予約してくれていたので、全員が並ばずにすぐに座れました。

その後はシンガポール博物館のガイドツアーに参加して、シンガポールの今と歴史の基礎知識を学びます。


全員がガイドの人に感想とお礼を一人ずつ伝えます。大切なことです。

ランチタイム 今回もお世話になるナンヤンポリテクニックの学生達の代表5名に来てもらいました。

生徒を小グループに分けて現地の学生とランチタイム 後列中央はエジソン

カイシュン(別名アキラ)左

ジャシンダ(中央)

中央 メル

中央 アーロン
現地の学生が、現地の食べ物を紹介してくれます。

外国人がひとり入るだけで、会話が英語になります。どんどん話す生徒もいれば、話せない生徒もいます。
いいのです。「話せない」という悔しさが、その後の英語勉強の動機になるからです。留学中は悔しい思い、もどかしい思いをたくさんしてもらうようにプログラムが作られています。

食後はシンガポールリバークルーズ 川からシンガポールを観光します。


後ろの建物は金融街。
シンガポールno
主要大経済学部卒の新卒初任給は3500ー4500シンガポールドル(30万ー40万) 毎年、上昇しています。
優秀な生徒には「将来はここでも働ける人になろう」と励まします。
私が住んでいた2013年、シンガポールのワーキングホリデービザは、世界のトップ200校(日本は旧帝大と早慶だけ)の11校にしか出ませんでした(今は撤廃されました)。ここで、世界における日本の地盤沈下を感じてもらうのが目的です。そして頑張って世界で働ける人になってほしいと伝えます。

ハスの形をしたアートサイエンスミュージアムと船の形のマリーナ・ベイサンズ
シンガポールは観光にとても力を入れていて、観光収入は2017年までの過去10年で2倍になり、
2016年 170億シンガポールドル(14.2兆円)16.4万人の雇用を生み出しました。(人口は550万人)

マーライオン 



マーラインオンパークで下船 

おきまりの撮影タイム
深夜便だったので、クーラーの効いたバスで昼寝をしました(全員爆睡)
次回からは、到着日はプールに行き、翌週末に観光します。


午後は旧フォード工場に行きます。
第二次世界大戦の経緯を学びます。英語と歴史の勉強になります。
「1936年11月25日 日動防共協定が締結される。ドイツと日本の協力が始まる」




ホームスティ先に行きます。Braddell Viewというコンドミニアムです。


ホームステイ先のドリアンさん

エディ・イェオさん


リリーさん

ジョセフィーヌさん

クワ・リー・フアさん

アヌさん

アンティさん

アリスさん
ネリーさん


キム・ナルディさん

手作りクッキー
  
家庭料理は疲れを癒しますよね。

この日はプールは無しにして早めに休みます。明日からは、英語の特訓塾の始まりです。

この日の狙い
  • 自分で出国手続きをすませ、搭乗ゲートまで行かれるようにする。
  • シンガポールのローカルフード、バクテーを体験する。
  • シンガポール博物館で、シンガポールの発展の経緯を学ぶ
  • ローカルの生徒にフードコートでのオーダーの仕方を教えてもらう。英語で楽しむ。
  • リバークルーズで、金融街、観光施設を見て、これからの日本を考える。
  • マリーナベイサンズ、マーライオンなどシンガポールのシンボルを観光。
  • 戦争博物館で、日本がシンガポールを侵略した歴史を学ぶ。
  • ホームスティ先に慣れる。

2018年 春のツアーのご案内はこちらをどうぞ
締め切りは1月15日。

このブログを検索

メールでフォロー (更新をお伝えします)